カテゴリ:前へ( 13 )

 

父ちゃん宮古へ

父ちゃんが業界ボランティアとして宮古に行きます

長靴、手袋、マスク、などなど揃えました

b0085331_19375117.jpg


もちろん!


腰痛ベルト、モーラステープ

は必須アイテムです


4泊5日
お役にたって帰ってきてください!!!


行ってらっしゃい父ちゃん!!

[PR]

by hanatareta-bo | 2011-10-09 19:39 | 前へ  

拡散希望  心配しています

前記事にて>まり蔵さんブログでも紹介しました、コーギーのサクラちゃんですが連絡先がアップされました

悲しいことがこれ以上増えないように、どうか皆さん力を貸して下さい
そして、知ってください


オルカさんブログ
是非読んでください
[PR]

by hanatareta-bo | 2011-07-06 22:21 | 前へ  

被災地の今

今回のおやつや被災地での活動をされているまり蔵ブログをぜひ読んでください


テレビから流れる情報だけではありません
[PR]

by hanatareta-bo | 2011-07-06 11:47 | 前へ  

おやつで支援  到着!!!!

おやつただいま届きました!!!!

嬉しい大箱×2です

b0085331_13193140.jpg



お待たせしていた皆さん、順次お届けします


まり蔵さん、これからもよろしくです
[PR]

by hanatareta-bo | 2011-07-05 13:20 | 前へ  

わんこおやつで支援

杏の従妹藍ちゃんママ(まり蔵さん)ブログから、災害支援の報告とワンおやつで支援のお知らせ

この週末は 他の活動が忙しく、、
私は今回、ワンニャンcarに便乗しての活動ができそうになかったので‥

その前に 夜なべ仕事をして 
これを作りました!!
b0085331_88342.jpg


これは‥?


今までの活動をまとめた 『ワンニャンcar活動レポート☆』


それまでは 各々、頭ん中で覚えているつもりだったのですが
あそこのワンコには フード何キロ置いてきたんだっけ?
もう無くなる頃かな?? あれ‥でも前回行ったのって第2週だっけ?3週だっけ??‥
と だんだん シッチャカメッチャカになってきて 限界を感じ、
こりゃ、一覧表が必要だ。。

と思ったのと、

残念な事に
この週で 高速道路休日1000円制度が廃止‥。
以前から NPOなんかが指揮をとる活動には
『ボランティア証明』 のようなものがもらえて 高速道路も優遇され、
『ボランティア保険』にも加入することができて 安心・安全 らしーのですが、

(何度か問い合わせたのですが)
私たちのような個人で活動する輩には 
「それを証明する第3者がいない」 という事で 制度上の恩恵は受けられませんでした。。
それは最初から分かっていた事なので いいのですが

だけど‥、それにしたって、
今後の活動をするうえで こゆーのもあった方が
きっと、いつか、何らかの役に立つデショーゥ!! 
と 久しぶりに Excel を立ち上げて 急遽夜なべで作成。
b0085331_885743.jpg


これから 色々書き込むために 余白多めの作りではありますが、
できあがってみたら40ページ近くにもなる超大作がでけました★ 
読み返してみると 活動中の色んなエピソード や あーすればよかった、こーすればよかった、と反省も‥。
それにしても 記録を残しているだけでも なかなかの頭数に上ることが判明して、 
夜中、ひとりで達成感!!..(笑)

んで オルカ隊長にバトンタッチ。

で‥?

この週末、隊長は
このレポートと熱いお手紙!! そして、熱い想いをもって 石巻市役所に乗り込んだそうな。
そこで こちらの要望を熱く語り、、(本人が熱いって言うんだから、よっぽど熱かったにちがいない..(苦笑)

レポートが役に立ったのか、想いが通じたのか‥、、
いや、きっと、熱さに根負けしたのでしょうが(爆)

ナント!!

即日、『災害派遣等従事車両証明書』 を 発行してもらうことが出来ましたー☆☆
ヤッター!!
今までの活動が認められた気がして 非常に嬉しい出来事でした♪

手続きに時間をとられてしまい
今回ワンニャンcarではあまり周れなかったそうですが、
活動報告はオルカさんのmixiフォトで公開しています。
ご覧ください☆
http://photo.mixi.jp/view_default_album.pl?owner_id=16327039&view_mode=default



そして~☆
今日は お知らせー♪

時々 アジ練をご一緒させていただいている KENマヤさんち(正確には その、トリマーさん)で
『わんこ関連の商品を買って支援しよう』という企画をしています!!

昨今、復興支援で様々な企画がみられますが、
例えば犬のオヤツを買うことで支援協力できるのも嬉しいよね?(KENママさん談)
ということで 選ばれたのが、コチラ!!


b0085331_8921100.jpg


ダルフォード ホリスティック ビスケット(200g)
このビスケット、一般小売価格は700円ですが 今回はそれが一袋500円!! 
そして、なんと!そのうちの200円が支援金となり、
宮城県動物愛護センターの被災わんこ達のために使われるそうです!!
美味しくって、お得で、お役に立てるっ!! サイコーの企画ですねー★★★
詳しくは KENマヤさんのブログ へgo★http://kenmaya.blog94.fc2.com/blog-entry-471.html

このオヤツ、ヒトが食べたくなっちゃう位、いいカホリ~♪ 
んでもって、ワンズも大好き♪♪ 
モエたんなんて 私が用意したオヤツを完全無視でコチラに走って行きました~.. (コラッ!! 怒.)

ご注文は KENマヤさん家に直接メールももちろんOKだと思いますが
来月 私もお会いする機会もあるので 注文分取りまとめて受け取っておくこともできます♪
そして それを、大会会場でお渡しすることもできますので 
是非ご検討くださいっ☆

**********


我が家でも購入しようと思っています
でもね、ちょこっとでは送料のほうが高くなってしまう・・・
でっ☆
このおやつだったら「我が家でもいるわ!!!」だったらみんなで購入しませんか?

我が家でまとめて発注します
是非是非お願いします

お近くの方はお散歩がてら我が家からのお届けします
よろしくお願いします
[PR]

by hanatareta-bo | 2011-06-28 08:12 | 前へ  

現実と応援

杏のいとこのお姉ちゃんにあたる藍ちゃんママが活動してます


そのまま載せます


福島で活動するようになってから
ゆっくり食事を取ったり、トイレに行く時間も惜しいような毎日を過ごしました。
毎日、毎日、20キロ圏内で保護した犬たちをシェルターに迎えましたが
ほとんどの子が やせ細ってガリガリの体でした。
極限状態で怯え、パニックを起こしたり
異様な食欲を見せながらも栄養失調と下痢が続き
遠くに向かって吠え続け、何も食べようとしない子も‥

専属獣医も居ない環境で 手探りの日々でしたが
ここに来たからには これ以上ツライ思いはさせまいと
ボランティアさん達が総出で知恵を出し合って 少しでも快適になるようにと日々のお世話を繰り返しました。
それでも すでに手の施しようのない状態になっていて、
助け出した車の中で シェルターの地を踏むことなく深夜に虹の橋を渡って行った子や
空腹に手あたりしだいのものを食べてしまったのでしょうか、腸閉塞で助けられなかった子も居たそうです。。 

もちろん、ホストファミリーさんのお迎えで 温かい家庭に出発して行った子も居ましたが、
それ以上に 救出してあげたい子たちが沢山いて
あっという間に施設は予定の頭数を越えていました。
おそらく現地で正確な頭数を把握していた人は誰もいなかったと思います。
そんな管理体制、ありえない!! と思われるかもしれませんが、
何頭居ようがかまわない
そんな数を数えている暇があったら1頭でも多くの命を救うために活動したい。 
そして、ここでこれ以上の命が失われるようなことがあってはならない。
優先されるのはこの子たちの命‥ そのためには とにかく行動しなくては。
と 誰もがそれどころではなかったのです。

20キロ圏内に立ち入る事に賛否両論あったのも なんとなく知っていましたが
そんな議論をしている暇があったら とにかく目の前の命を助けたい。
それが終わってから 色んな話を聞いてやろうじゃないの!!(怒) と 私の原動力は怒りでもありました。

活動しながら色々な話も聞きました。
現場で見てきた生の声です。

報道されているのとは違う 実情も知りました。
文字にすると独り歩きするので ここでは書きませんが
怒り、怒り、怒り、の連続でした。

そして、、

そんな中で ニュースを見る余裕もありませんでしたので
一般的な報道がどのようなものであったか 私は知らないのですが
19日の深夜に 翌20日17時で20キロ圏内への立ち入りが禁止になると情報が入りました。
立ち入れなくなる=これ以上の救出ができなくなるという事。
命の期限を通告されたような衝撃でした。

実際には21日の24時で完全封鎖になったのですが
それまでの数十時間、 スタッフの方々は不眠不休で とにかくできるだけの命を20キロ圏外に移す事
全員がそのことに尽力しました。

そして 完全封鎖。。。

現在は 犬猫の救出に入ることができなくなってしまいました。。
直前の活動で、できるだけの頭数を救出して、
それでも残さざるをえなかった子たちのために 大量のフードを 置いてきたそうですが
「助けてあげるからね」と声を掛けていたのに‥ 待っているんじゃないか、、
それであとどのくらいの期間 命をつなぐことができるのか、、

悔しくてしかたありません。。

しかも この週末
今までの活動が一気に実を結んだのか
シェルターにベルギーの方々、動物病院関係者、大勢の方が訪れて あっという間に ほとんどの犬たちが再出発して行きました。

だったら‥

だったら、封鎖にならなければ‥

残してきた子たちも 里親さんの元へ
温かい家庭の中で暮らせるようにできたかもしれないのに‥

本当に悔しくてなりません。

今、色々な方面から再び救出に入れるような訴えの声が上がっています
今ですら残してきた子たちの命は消えようとしています
1分1秒でも早く手を打たなければ、、
どうか、
立ち入る事の出来る関係者さんにお知り合いが居る。
そこに働きかけるお力をお持ちの方、いらっしゃいませんか?




(以下、NPO法人 みなしご救援隊 佐々木センター長からの、
お願いとメッセージです。)------------------

大変、ご心配をおかけしました。

皆様もご存知の通り、危険区域指定に対応するため、
全部で50頭くらいの犬猫たちの保護と、
無理な子たちの居場所には大量の食料を撒いて来るのが精一杯でした。

しかし、まだ残されている子たちも多くおります。

特に立ち入り禁止区域になっている原発半径3km以内には、
様々な保護活動の人たちが保護しきれなかった動物たちが残されています。

今後、私たちには入ってはいけない!ということです。
もし、動物に関して何らかの対策を国が考えるにしても、それでは遅いのです。

すでに彼らは危機的状況を迎えています。

入れないなら、入ってはいけないのなら、どうしても入らさないというのなら、
入れる人に食料を与えてあげてくださいとお願いしたいのです。

東京電力関係者、警察、自衛隊、その他、進入可能な人たちが、
各団体から渡せる食料を動物たちの元に供給してもらえたら、彼らの命は救えるかも知れません。

そこで、皆様にお願いです。

考えられる、あらゆる関係機関に、その働きかけを行ってください!

時間がないことに悠長な対応はしていられません。
何とか早く、動物たちを守りたい。
これまでにも多くのお願いや支援をお願いして来ましたが、
どうか、皆様一人一人の力で声で、この危機を救ってあげてください。

動物にとって飢えながら亡くなるというのは、最も苦しく辛い最期です。
そんな思いをさせたくないのです。どうかご協力、よろしくお願いします!!

佐々木センター長より 代筆
----------------------------




そして。

今の拠点(シェルター)は 簡易テントで、
しかも水も電気も土地のお宅方から善意でお借りしてきたものでした。
簡易テントでは朝晩の寒暖の差が激しく、雨が降ればアチコチ濡れて環境はさらに厳しくなります。

そこで、今月いっぱいで 栃木へ拠点を移すそうです。
実際、ボランティアに入られる方も東京や関東近辺の方が多く、
福島に居て何もできなくなった今では その方がいいのかもしれません。

中には関西から飛行機で来て下さる方も居て、
そこまでしていただいて、本当に頭があがりませんでしたが
栃木になれば私の力では通う事ができなくなりますので、他の方面で活動を考えています。

実は私、福島で活動している最中 
ついに体力の限界を超えたのか 急に歩けなくなってしまい、
自分自身が一番驚いたのですが(苦笑) しっかり休養を取ることにもしました。

でも 家にいる間もあの子たちが気になって、気になってしかたありません(笑)
ホストファミリーさんの元へ行ったのだから安心なハズ なのですが 
また下痢してないかな? とか タップリ愛情をもらっているかな‥? とか 
気持ちはすっかり福島にあります(苦笑)

そこで
今日は次の活動に向けて 自宅でその準備を始めました。


福島での活動が再開したら また向かいたいのですが
それまでは コチラ宮城で活動をしたいと思います☆


応援するしかで来ませんが、知ること、目をつぶらないこと、していきたいと思ってます


今日我が家には「がんばっぺ東北」ステッカーが届きました
出来ること、それだけしかできない自分が歯がゆいのですが、応援してます

「がんばっぺ東北」




先日アップさせていただいた山形の矢嶋さんの活動です

http://photo.mixi.jp/view_default_album.pl?owner_id=16327039
http://wrs.search.yahoo.co.jp/_ylt=A3xT6JwOfLVNQfoACYCDTwx./SIG=12i98gp1m/EXP=1303840206/**http%3A//photo.mixi.jp/view_default_album.pl%3Fowner_id=16327039

わたし…どうやったらクリック一つで飛べるのかがわからないのでこれで許してください
[PR]

by hanatareta-bo | 2011-04-25 22:32 | 前へ  

支援

我が家ではターボと杏とJFAという団体に属しドッグスポーツを楽しんでいます

今回の地震ではすぐに安否確認、募金、などの活動をしていました

その会員の方からのレスキューメールがありましたのでコピーさせていただきます


もしご自宅で余っている、下記物資、などがありましたらお知らせください
我が家が大会に参加するときなどにお渡しすることも可能です


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


山形の矢嶋です。

先週、先々週と支援物資輸送で石巻へ行きました。
被災地でお会いした犬飼いの方たちに現状を訊くと
やはりフードが足りてないとみなさんおっしゃっていました。

比較的被害の少ないエリアでは店が営業を再開し始めており、
少し前に比べれば物が手に入るようになったようですが、
車を流されているので郊外まで買いに行くことが出来ないそうです。

そこでみなさんにお願いなのですが、
不要のフードやおやつ、おもちゃなどありましたら
頂けないでしょうか?

今後、しばらくの間
個人的に物資輸送で石巻、東松島、女川エリアに週一回向かう予定ですので、
私が責任をもって被災地の犬たちに渡してきます。

渡したときに必ず写真を撮って、
こちらに掲載させていただきます。

(先週、東松島のコーギーのゲンちゃんにフードとおやつ、
おもちゃを渡したら、すごく喜んでくださいました。
津波におもちゃも流されてしまったそうです。)

〒999-3511
山形県西村山郡河北町谷地字東506-1
矢嶋
0237
090

上記住所あてにお願い致します。

一日でも早くワンたちの生活が元に戻りますように。
よろしくお願いします。


矢嶋さんの住所、電話番号がちゃんと書いてありましたがここでは削除させていただきます
問い合わせはこのブログまでお願いします

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


継続できる支援を
寄り添う気持ちを持ち続けたい
[PR]

by hanatareta-bo | 2011-04-21 14:27 | 前へ  

ペット受入れ

ブログお友達のこたままさんからの情報です

お役にたてればと思い掲載します


東京都練馬区光が丘の一時避難所がペット同伴可です。

まだ充分空いているそうです。

大型犬もOK(これって凄いですよ)。
廃校になった校舎の教室を、1部屋を半分にパーテーションで区切っています。
教室の半分の広さって嬉しいですね。
家財道具も少々の持ち込み可。
洗濯機もあるし、お風呂も近隣のホテルやスーパー銭湯で入れるそうですし・・・。
半年間使えるそうです。

ペット、特に大きな子を連れて、避難できずに居る方、お知り合いの方の目に少しでも留まれば・・と思います。



いや、詳しくないので、「光が丘避難所 犬」などでググッて下さい。
実際に見学に行った方のリポートなどもあります。






ペット一時預かりさん募集の知らせも載せます

拡散希望、ミクシー・ブログ・ツイッター他なんでも転載OKの了解とってますので、もし協力できる方いたら宜しくお願いします。


以下抜粋転載してます。



今回の被災者の中には、人間はもちろん、一緒に生活していた「家族」ペットもいます。避難所での生活を共にできなかったり、飼い主さん達とはぐれてしまったりしたペットが大変多くいます。被災地に取り残されたペットに関し、全国の動物愛護団体が保護に回っていますが、とりわけ深刻なのは、福島原発30km圏内で置き去りにされた動物達です。

立入り禁止区域に入っての活動は危険も伴うので、救助活動をする動物愛護団体も限られてきます。

私の地元、広島から「NPO法人犬猫みなしご救援隊」という団体が福島県に入り救援活動をしているのですが、彼らは原発1km圏内にまで入り保護活動をしています。

30km圏内に残されたペットの数は相当なもので、マイクロバスで広島を出発しましたが、保護しきれないほどの数になっています。

そこで、皆様にお願いがあります。
関東近郊の方で、保護した犬猫の一時預かりをして下さる方はいらっしゃいませんでしょうか。犬猫の精神面、健康面を考慮しても、広島まで連れて帰るより、少しでも福島県に近い場所で、再び飼い主の方と暮らせる日を待っていた方が良いと思うのです。

犬猫みなしご救援隊は地元に多くの支援者がいますが、この一時預かりに関しては、西日本からでは限界があります。

人間の命が最優先なのは重々承知です。
そして、「今この状況下で犬猫なんて」という意見もあって当然ですし、その意見も尊重はします。

しかし、なくなくペットを置いて避難してきた方々は、毎日胸が押しつぶされるような想いでいます。
たとえ避難指示が解除されても帰宅したら可愛いペットが餓死している姿を発見しなければならないなんて、この先、頑張って人生を立て直さなければならない中で、大きな心の傷になると思います。そして既に残酷な現実は起こってしまっています。

圏内で保護した犬猫は、福祉センターのスクリーニングを受けた上で圏外へ移動していますので、放射能等の問題はありません。


遠く広島の地から、こんな形でしか被災地に協力できず、申し訳ない気持ちと悔しさで一杯ですが、何卒宜しくお願い致します。

長文、最後まで読んで頂き有難うございました。


NPO法人犬猫みなしご救援隊公式ホームページ
http://www.minashigo.jp/

東北地方太平洋沖地震犬猫救援活動ブログ
http://blog.livedoor.jp/touhoku_inunekokyuen/
[PR]

by hanatareta-bo | 2011-04-13 11:46 | 前へ  

区切り

そのまま載せます

微力ながら応援します


東日本大地震で亡くなられた方々、今もなお、避難生活や不便な生活をされている方々に
心からお見舞い申し上げます。

ワンコ仲間御用達の伊豆高原にある
ワンちゃんと一緒に泊まれるプチホテルのサンロードさんが
被災者の方&ワンコを支援したいと言う事で
下記のような素敵な試みをしようとしております。

当事者の方々に伝わるよう
お力添えをよろしくお願いいたします

★☆★☆★☆
緊急のみうえ、拡散願いたい。

各県自治体が被災者受け入れを開始したが、ペット連れでの避難が出来ず、バスにも乗れない。
泣く泣く犬や猫を置いて来る人達が増えているとの事。
(市営住宅や県営住宅・ホテル等は受け入れ禁止となっている為)

中には、犬のリードを外し一旦避難をしたが、どうしても諦めきれず、泣きながら徒歩で引き返し置いてきた犬を探したが見つからなかったという人も・・

人命も大切です。
でも、家庭犬で育った犬や猫が一人で生きていけるでしょうか?
被災に遭われ、心に傷を持った人達から愛するペットを引き離す事が、どんなに苦しい事か・・・

大きな避難所には自衛隊や愛護団体・ボランティアの方々が行ってくれています。
しかし、小さな避難所には救援物資も届いていない状態。
わんこを置いて避難できない人は、壊れた家で寒さに震えながら、わずかな食料で命を繋いでいます。
わんこも茹でていないパスタをかじっているとの事。
三日も四日もご飯を食べていない人も動物も・・・

私たちは決断しました。
無料で被災者を受け入れる事を!

一家族でも多く救いたい!!
一匹でも多く家族の側で暮らさせてやりたい。

伊東市も救出・移動手段など検討会議して下さってます。
わんこを手放すこと最後まで諦めないで下さい。

ペット宿を営んできて11年。
これからが私達の恩返しかもしれません。

伊豆高原(静岡県) プチホテルサンロード 
大川 愛子(ポチ母)緊急ですので実名を入れて戴いて結構です。
http://www.mmjp.or.jp/echobridal/sunroad.htm

【追記】3月19日

◆出入り業者さん数件が仕入れ料金半額以下の申し出をして下さいました。

*********** 以上です。


少しずつではありますが、仲間達からはライフライン復活、お風呂へのお誘いなどがあり前進を感じています


そんな前進・・・・


私事ですが・・・・

この時期年間契約が多い仕事柄、契約更改のための交渉をしなければならず頭の弱い私にとってはストレスそのもです

今日は20年続けた施設での仕事に区切りをつけました


これも明日へのステップ!!!


そう思って頑張ります


小さな前進!!!
私も進みます!!!
頑張ろう仲間達!!
[PR]

by hanatareta-bo | 2011-03-28 22:29 | 前へ  

転載

そのまま載せます

微力ながら応援します


東日本大地震で亡くなられた方々、今もなお、避難生活や不便な生活をされている方々に
心からお見舞い申し上げます。

ワンコ仲間御用達の伊豆高原にある
ワンちゃんと一緒に泊まれるプチホテルのサンロードさんが
被災者の方&ワンコを支援したいと言う事で
下記のような素敵な試みをしようとしております。

当事者の方々に伝わるよう
お力添えをよろしくお願いいたします

★☆★☆★☆
緊急のみうえ、拡散願いたい。

各県自治体が被災者受け入れを開始したが、ペット連れでの避難が出来ず、バスにも乗れない。
泣く泣く犬や猫を置いて来る人達が増えているとの事。
(市営住宅や県営住宅・ホテル等は受け入れ禁止となっている為)

中には、犬のリードを外し一旦避難をしたが、どうしても諦めきれず、泣きながら徒歩で引き返し置いてきた犬を探したが見つからなかったという人も・・

人命も大切です。
でも、家庭犬で育った犬や猫が一人で生きていけるでしょうか?
被災に遭われ、心に傷を持った人達から愛するペットを引き離す事が、どんなに苦しい事か・・・

大きな避難所には自衛隊や愛護団体・ボランティアの方々が行ってくれています。
しかし、小さな避難所には救援物資も届いていない状態。
わんこを置いて避難できない人は、壊れた家で寒さに震えながら、わずかな食料で命を繋いでいます。
わんこも茹でていないパスタをかじっているとの事。
三日も四日もご飯を食べていない人も動物も・・・

私たちは決断しました。
無料で被災者を受け入れる事を!

一家族でも多く救いたい!!
一匹でも多く家族の側で暮らさせてやりたい。

伊東市も救出・移動手段など検討会議して下さってます。
わんこを手放すこと最後まで諦めないで下さい。

ペット宿を営んできて11年。
これからが私達の恩返しかもしれません。

伊豆高原(静岡県) プチホテルサンロード 
大川 愛子(ポチ母)緊急ですので実名を入れて戴いて結構です。
http://www.mmjp.or.jp/echobridal/sunroad.htm

【追記】3月19日

◆出入り業者さん数件が仕入れ料金半額以下の申し出をして下さいました。

*********** 以上です。


我が家も泊まりました
プールもあり、ドッグランもあり、素敵なところです

応援してます!!!頑張ろう!!!仲間達!!
[PR]

by hanatareta-bo | 2011-03-22 21:34 | 前へ